鹿児島大学大学院人文社会科学研究科
地域経営研究センター
Regional Management Research Center
[index]
[topics]
■センターについて
1.目標・沿革
  • 地域を経営するという目標をもって設立されたセンターです。地域における企業経営のみならず、広く自治体経営にまで視点を拡大し、南九州のさまざまな諸問題に対するソリューションを提示することがセンターの目標です。
  • 本センターは、人文社会科学研究科における大学院教育支援というもう一つの目標をもっております。
2.研究会の参加方法等について
  • 本センターは、毎月第三水曜日に活動をおこなっております。研究会については、原則として公開しておりますので、事前にメールにてご連絡ください。
  • メールはセンター長あてにお送りください。
3.研究員一覧
  • 本センターの研究員は、人文社会科学研究科の教員、鹿児島大学教員、学外の研究員から構成されております。共同研究をおこなう際には、本センターの研究員となります。
氏名所属専門センター委員
西村 知鹿児島大学法文学部教授東南アジア経済論
農村経済論
センター長, 編集委員長
(Amami News Letter),(Journal of Asia & Pacific Economy)
萩野 誠鹿児島大学法文学部教授経営情報論
地域産業論
 
北崎浩嗣鹿児島大学法文学部教授農業経済論
地域計画論
 
朴  源鹿児島大学法文学部教授税務政策論
地方消費税
編集委員
(センター月報)
山本一哉鹿児島大学法文学部教授国際投資論
域外流通論
編集委員
(『地域経営研究』)
市川英孝鹿児島大学法文学部准教授情報システム
生産マネジメント

馬場 武鹿児島大学法文学部講師情報マネジメント
マーケティング
 
奥健一郎鹿児島大学稲盛アカデミー教授経営哲学
経営技術論
共同研究員
濱田英嗣下関市立大学教授水産物流通論
水産物資源論
共同研究員
■センターの研究成果
1.重点領域研究
    本センターは、平成22年度より鹿児島大学重点領域研究(環境)に参加し、 地球温暖化対策に関するコアプロジェクトに参画しております。
  • 平成22年度「屋久島における水力発電をベースとした電気自動車導入の社会実験」
  • 平成23年度 鹿児島市下田地区におけるマイクロ水力発電による社会実験」
  • 平成24年度 出水市溜池公園におけるマイクロ水力発電による環境教育と社会実験」
  • 平成25年度 霧島市溝辺町竹子地区におけるマイクロ水力発電社会実験とコミュニティビジネスの研究」
2.外部資金の受け入れ
  • 平成24-25年度住友財団「中山間地域における自然エネルギーを もちいた多自然交流居住地域形成のための社会実験」
3.Journal of Asia & Pacific Economy
  • 年1回センター英文紀要を発行します。
  • 本英文紀要は、学長裁量経費事業として、2005年に発刊し、現在まで10号を重ねております。編集委員は 鹿児島大学との学術交流協定大学の教員を中心に構成されてます。今回本センターの発足にともない事業主体をセンターとすることになりました。
  • 編集委員会は本学の国際学術交流協定大学のメンバーから構成されています。現在は、鹿児島大学・中国人民大学・韓国釜慶大学の教員が委員となっています。
  • 原稿については、原則として公募・査読付きとなります。
4.Amami News Letter(奄美ニューズレター)
5.LINK
地域経営研究センター
〒890-0065 鹿児島市郡元1丁目21-30
鹿児島大学大学院人文社会科学研究科
phone:099-285-7625/fax:099-285-7625
rmrc@leh.kagoshima-u.ac.jp