人文社会科学研究科の教育の目標及び方針(博士前期課程)

人文社会科学研究科の教育目標及び方針

 

Ⅰ.学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

鹿児島大学大学院人文社会科学研究科は、全学の学位授与の方針及び人文社会科学研究科の教育目標に鑑み、以下に示す方針に基づいて、学位を授与します。

 

博士前期課程においては、以下に挙げる能力を身につけ、所定の単位を修得し、修士論文等の審査及び最終試験に合格した者に修士の学位を授与します。

1.研究倫理を基盤とし、フィールドワークやリサーチワーク等を通じて体系的に習得した人文社会科学分野の専門的な知識に基づいて調査と分析を行う基礎的な研究を行うことができる能力

2.人文社会科学分野の専門的な知識を実践的な問題解決に結びつけ、地域と国際社会の発展に貢献できる能力

 

Ⅱ.教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

鹿児島大学大学院人文社会科学研究科は、全学の教育課程編成・実施の方針及び人文社会科学研究科の教育目標に掲げる人材を育成するために、以下に示す方針に基づいて、系統性のある教育課程(カリキュラム)を編成のうえ、実施します。

 

1.博士前期課程においては、研究倫理に則り、人文社会科学分野の専門的な知識と方法を体系的に学ぶために、専門分野ごとの演習・講義等を開設します。また、修士論文等、博士論文を計画的に作成していくために、論文指導に関する授業科目を開設します。

2.博士前期課程においては、人文社会科学分野の専門的な知識を実践的な問題解決へと結びつけ、地域と国際社会への理解やコミュニケーション能力を高めるために、フィールド調査を重視したプロジェクト研究や外国語論文指導等の授業を開設します。また、社会人学生のリカレント教育のために、特別演習等を配置するとともに、昼夜開講制や修士論文によらない学位取得のための教育コースを設けます。

 

Ⅲ.入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

<人文社会科学研究科の教育目標>

 人文社会科学研究科は、鹿児島大学大学院唯一の人文社会科学系分野の研究科として、人文社会科学の高度な専門知識と研究能力を身につけた人材の育成を目指します。そのために次の教育目標を掲げます。

1.人文社会科学分野の高度な専門知識と技能を身につけ、諸課題を発見・探究・解決する能力を育みます。

2.高い研究倫理を身につけ、自他を客観的に省察し研究を遂行する態度を養います。

3.人文社会科学分野の専門的な知識と技能を活かして、地域の社会と文化の発展に貢献できる能力を育みます。

4.グローバルな視野をもち、国際社会の発展に貢献できる能力を育みます。

 

<入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)>

1.求める人材像

人文社会科学研究科は、教育目標に定める人材を育成するため、次のような学生を求めています。

・学士としての確かな基礎学力と、人文社会科学に関する基礎的教養を有する人

・専攻する専門分野についての体系的な知識と技能を有する人

・主体的に学ぶ態度を身につけ、専攻する専門分野に関連する諸問題に関心を持つ人

・専攻する専門分野について自ら課題を発見・探究・解決しようとする意欲に満ちた人

・地域の社会や文化について深く理解し、地域に貢献できる能力を身につけたい人

・グローバルな視野をもち、国際社会に貢献できる能力を身につけたい人

2.入学前に身につけておいて欲しいこと

・人文社会科学に関する基礎的教養

・専攻する学問分野についての体系的な知識と深い関心

・専門的な文献の内容を的確に理解する能力

・自己の見解や研究成果などを文章や口頭によって適切に表現できる力

3.入学者選抜の基本方針

このような学生を適正に選抜するために、各専攻の特性に応じた適切な方法で多様な選抜を実施し、以下の点を総合的に判断して選抜します。

・人文社会科学に関する基礎的教養

・専攻する学問分野についての体系的な知識

・研究に対する意欲

・研究計画の明確性