国際総合文化論専攻の教育の目標及び方針

1.国際総合文化論専攻(博士前期課程)の教育目標

国際総合文化論専攻は、日本及び世界の思想、言語、文学、歴史についての専門知識を有し、国際的・総合的視野をもって文化交流を担い、日本文化を発信できる人材の養成を教育目標にしている。

 

2.国際総合文化論専攻の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

①国際総合文化論専攻の求める人材像

1)日本及び世界の諸文化について基礎的教養を習得しており、それを国際的な視野から専門的な知識へ発展させる意欲を持つ人

2)日本及び世界の諸地域の思想、言語、文学、歴史等について国際的・総合的な視野に立ち、今日の社会と文化の国際化に適切に対応する意欲を持つ人

3)国際交流に寄与する専門的な知識を実践的な問題解決に活かす意欲を持つ人

 

②入学前に身につけておいて欲しいこと

1)史学・文学・言語学・哲学のうち志望する専門分野に関する学部レベルの基礎的な知識

2)論文作成に必要な批判的読解能力、基本的分析力、及び文章表現能力

3)志望する専門分野に必要な語学(古典語を含む)

 

③入学者選抜の基本方針

国際総合文化論専攻で研究を開始するのに十分な人文社会科学の基礎的教養や専門知識を有しているか、より高度な専門研究を行っていくための適性や計画などの有無を総合的に判断するため、次の方法で入学者選抜を行う。

1)一般選抜

学力検査、面接及び学業成績証明書等の書類審査の結果を総合して選抜する。

2)社会人特別選抜

学力検査、面接及び学業成績証明書等の書類審査の結果を総合して選抜するが、特に面接を重視する。

3)外国人留学生特別選抜

(1)学力検査、面接及び学業成績証明書等の書類審査の結果を総合して行うが、特に面接を重視する。また、日本語能力も審査する。

(2)指定校推薦入試は、面接の結果、成績証明書及び研究報告書などの審査結果を総合して選抜する。

 

3.国際総合文化論専攻のカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

1)学際的視点の涵養を目的とするコースワーク科目(国際総合文化論特論)を必修として設置する。

2)史学・文学・言語学・哲学に関する専門的な知識と方法を体系的に学ぶためのリサーチワーク科目群を設置する。

3)上記の専門的な知識を問題解決に活かす方法を学ぶためのプロジェクト科目(人文プロジェクト演習)を設置する。

4)上記の専門的な知識を個別の問題に即して展開しまとめる技術を習得するための論文指導を必修科目として設置し、修士論文の作成を課す。

5)情報発信のスキルを習得するための外国語論文指導をおこなう科目を設置する。

 

4.国際総合文化論専攻のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

1)日本および世界の諸文化についての専門的な知識を体系的に習得している。

2)コースワーク科目の履修を通して養われた学際的視点に立って、日本及び世界の諸文化についての専門的な知識をより広い文脈の中に位置づけ、今日の社会と文化の国際化に適切に対応できる能力を備えている。

3)リサーチワーク科目群の履修を通して養われた専門的な知識を体系的にまとめ、国際的な視野から国内外へ発信する能力を備えている。

4)本専攻及び修士論文作成の過程で習得した専門的な知識を現実的な問題の発見及びその解決に活かし、社会に貢献する能力を備えている。