経済社会システム専攻の教育の目標及び方針

1.経済社会システム専攻(博士前期課程)の教育目標

経済社会システム専攻は、経済・経営・社会という幅広い3つの分野の高度な教育を行い、最新の知識および理論的なフレームワークを習得した社会及び地域に貢献できる人材の養成を教育目標にしている。

 

2.経済社会システム専攻の入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

①経済社会システム専攻の求める人材像

1)専門的な知識をさらに発展させ、地域や国際社会に貢献しようとしている人

2)社会人としての経験を踏まえた知識の体系化及び問題解決を目指す人

3)大学院修了後、地域や国際社会などで貢献することを目指す人

 

②入学前に身につけておいて欲しいこと

経済・経営・社会のいずれかの分野の基礎的教養及び体系的な知識の習得

 

③入学選抜の基本方針

専門研究を行っていくための適性や能力を総合的に判断するため、次の方法で入学者選抜を行う。

1)一般選抜

学力検査及び面接、学業成績証明書の書類を総合して選抜する。

2)社会人特別選抜

学力検査及び面接、学業成績証明書の書類を総合して選抜する。

3)外国人留学生特別選抜

(1)学力検査及び面接、学業成績証明書の書類を総合して選抜する。

(2)指定校推薦入試は、面接の結果、成績証明書及び研究計画書などの審査結果を総合して選抜する。

 

3.経済社会システムのカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

1)本専攻のもつ広い専門分野を反映し、学際的分野も研究できる演習・講義等を開設する。

2)社会人学生には、修士論文による教育コースには社会人特別講義を開設し、その拡充をはかる。修士論文によらない教育コースではケーススタディ研究の質を高める。

3)国際化に対応できるプロジェクト研究を拡充する。

4)「研究指導」科目を平成26年度から設置し、論文指導のみならず、受講指導を含めた指導教員・副指導教員による複数教員による開設科目とする。

 

4.経済社会システム専攻のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

1)高度な専門的な知識をもとに経済・社会を体系的に分析できる能力を習得している。

2)明確な問題意識を発見する能力を有している。

3)実証分析のために、的確なフィールドワークやリサーチワークができる能力、または、社会科学の諸理論を応用し、発展できる能力を備えている。

4)研究で得られた知見により、地域社会ならびに、国際社会にも貢献することを証明できる。