経済社会システム専攻 概要(履修含む)

学内風景1.教育目的
近年の世界的な経済変動は我が国にも大きな影響を及ぼしているが、南九州は地理的に大都市経済圏から離れたところに位置していることから、産業基盤の脆弱さ、情報化のギャップ、過疎化、高齢化等の地域問題が顕在化するとともに、アジア諸国との地理的歴史的緊密さに基づいた経済協力の推進も重要な課題となっている。これらの事態の打開策が地域社会では種々模索されている。
このような地域にかかわる経済的・社会的課題や国際協力に的確に対応するためには、
(1)経済社会の構造把握とその分析手法の修得、
(2)経済政策に関する立案能力や国際経済・国際開発に対する国際的視野の涵養、
(3)変動する地域企業や地域社会の動向への対応能力の育成が必要であり、
そのために「経済システム」「国際経済政策」「経営社会システム」の3分野を設けて教育研究を行う。

2.教育研究内容

地域経済や国際経済の問題を総合的な視点から、より高度の専門性を持たせて教育研究するために、理論経済学に応用経済学を加えた「経済システム」、国際経済学と政策関連分野で構成される「国際経済政策」、経営学と社会学で構成される「経営社会システム」の3分野にわける。
(1) 経済システム分野
(研究内容)
経済学の理論、歴史、統計、計量等の方法を駆使して、経済社会の変化のメカニズムを理論的に分析する教育研究を行う。
(授業科目名)
経済原論特論、経済原論演習、経済学史特論、経済学史演習、マクロ経済学特論、マクロ経済学演習、日本経済史特論、日本経済史演習、社会思想史特論、社会思想史演習、ミクロ経済学特論、ミクロ経済学演習、経済統計論特論、経済統計論演習、社会運動史特論、社会運動史演習、計量経済学特論、公共経済学特論
(2) 国際経済政策分野
(研究内容)
経済の国際化、開発と環境保全の調和を与件として、南九州とアジア諸国の地域振興と国際協力について教育研究を行う。
(授業科目名)
財政政策論特論、財政政策論演習、経済政策論特論、経済政策論演習、農業政策論特論、農業政策論演習、国際経済システム論特論、国際経済システム論演習、国際貿易投資論特論、国際貿易投資論演習、国際開発経済論特論、国際開発経済論演習、国際資源論特論、国際資源論演習、産業技術論特論、産業技術論演習、産業政策論特論、産業政策論演習
(3) 経営社会システム分野
(研究内容)
情報化、高齢化、地方分権化等が進展するなかでの地域企業や地域社会の現状分析と活性化策について教育研究を行う。
(授業科目名)
経営管理論特論、経営管理論演習、財務会計論特論、財務会計論演習、地域社会学特論、地域社会学演習、現代社会論特論、現代社会論演習、経営情報論特論、経営情報論演習、社会意識論特論、社会意識論演習、社会システム論特論、社会システム論演習