人文学科の教育の目標および方針

1.人文学科の教育目標

人文学科は、人間の思想と行動についての鋭い洞察力と日本および世界の諸文化を正しく理解する能力をもち、現代社会に生じる文化的・社会的諸問題に対処することのできる人材を養成することを教育目標にしている。

2.人文学科のアドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

<前期日程>

1)学習する上で必要となる言語能力や思考力、および基礎的学力を備えている人

2)人文科学に強い関心をもつ人

3)批判的分析力を身につけている人

4)社会や歴史,思想,文化,環境に関する基礎知識を幅広く習得している人

5)数量的処理の基礎を学んでいる人

<後期日程>

1)批判的分析力、論理的思考力、表現力を備えている人

2)人文科学に強い関心をもつ人

3)学習する上で必要となる言語能力を身につけている人

4)社会や歴史,思想,文化,環境に関する基礎知識を幅広く習得している人

5)数量的処理の基礎を学んでいる人

<推薦入試Ⅱ>

1)柔軟な発想力と,適切な論理の展開能力,表現力を備えている人

2)人文科学に強い関心をもつ人

3)言語能力や論理的思考力,批判的分析力を身につけている人

4)社会や歴史,思想,文化,環境に関する基礎知識を幅広く習得している人

5)数量的処理の基礎を学んでいる人

3.人文学科のカリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

1)4年一貫の体系的カリキュラムにより、学生は1年次から専門教育の基盤となる技能を身につけ、2年次以降、それを基に実践的な職業能力、ならびに、高度な専門知識・技能を習得するために、以下の3つのプログラムを配置します。

2)1年次向けのフレッシュマン・プログラムは、批判的思考力や情報分析能力、コミュニケーション能力、問題解決能力など、専門教育の基盤となる技能(共通技能)の習得を図る科目群です。フレッシュマン・プログラムでは、クラス担任制を導入しており、コース所属のオリエンテーション、ならびに、学生生活や進路についての相談も行います。

3)2年次以降には、職業現場に対応した実践力や高度な職業能力、ならびに、将来に向けてのキャリア・ヴィジョンの習得を目指し、キャリア・プログラムを設けています。キャリア・プログラムでは、職業現場での実習型授業や就業力向上のための授業が開設されます。

4)同じく、2年時以降には、フレッシュマン・プログラムやキャリア・プログラムにおいて身につけた能力を基盤に、高度な専門知識・技能を習得できるようアカデミック・プログラムを設けています。アカデミック・プログラムでは、人間と文化、メディアと現代文化、比較地域環境、日本とアジア、ヨーロッパ・アメリカ文化のコースごとに設定された必修科目や選択科目、他コース等の授業科目(自由科目)を履修します。学生は3年次以降ゼミに所属し、より専門的な指導を受け、その成果として卒業論文を作成します。

4.人文学科のディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

1)幅広い教養と健全な人間性を有し、人間・文化・社会について、長期的視野に立った批判的思考力を身につけている。

2)多角的な視点による高度な情報分析能力を有すると共に、国際社会で活躍できるコミュニケーション能力、自己表現能力を身につけている。

3)幅広いヴィジョンをもって異文化世界や地域社会の多様性を理解し、現代の複雑な諸問題を処理し、将来に向かって有効な提言を行える。

4)様々な職業現場に対応した実践力と問題解決能力を有し、高度な職業能力を有している。

5)人間と文化、メディアと現代文化、比較地域環境、日本とアジア、ヨーロッパ・アメリカ文化の各コースに応じた専門知識・技能を備えている。