法学専攻 概要(履修含む)

法学専攻の概要

地域のニーズに根ざした法的及び政策的課題に応え得る能力の涵養を目指し、法学・行政・政治の基礎的な知識を付与するとともに、総合的・実践的な観点から問題解決思考的な教育を行っています。

憲法、刑法、民法、商法、租税法、刑事訴訟法等の伝統的な市民法分野の教育を基礎に、政策科学分野や法交渉分野の教育を充実させています。

教育研究内容

・法・行政・政治分野の高度の専門教育の実施 ・伝統的な歴史的・理論的・比較法的・実証的手法による教育研究 ・地域の法的及び法政策的課題に応え得る能力の育成、総合的・実践的教育 ・リカレント教育の重視 ・地域の法的・政策的諸課題の解決のための共同研究

①政策科学分野 地域社会における諸問題に応える政策立案能力、条例や要綱による制度化の能力の育成を目指しています。 ②市民法分野 実定法教育を中心とした法解釈能力と公正な紛争処理能力の育成を担当しています ③法交渉分野 新しい型の紛争に対応する能力、実践的な法的交渉能力の育成を担当しています。

履修について

(1)昼夜開講制 社会人の受け入れを積極的に行うために、昼夜開講制を行っています。 (2)単位 学位所定の単位(30単位以上)を修得し、かつ修士論文の審査ならびに、最終試験に合格したものには「修士(法学)」の学位が与えられます。

学習環境

(1)院生室の24時間利用 (2)図書館の個室の長時間利用