平成28年度プロジェクト研究報告会のご案内

鹿児島大学大学院人文社会科学研究科(博士後期課程)地域政策科学専攻では、今年度も次の日程でプロジェクト研究報告会を開催することになりました。これは、博士後期課程の大学院生たちが一つのテーマに向かって、自らの専門分野を交えながら研究する授業「プロジェクト研究」の成果を発表するための報告会です。

今年度は中国からの留学生4名による発表と、コメンテーターを交えたディスカッションが行われます。

どなたでも参加できますので、お気軽にご来場ください。

 

総合テーマ:越境する知─中国から日本へ 日本から中国を─

 

【日時】2017年2月11日(土)13:30‐17:30(予定)

【会場】鹿児島大学郡元キャンパス 総合教育研究棟(文系)2階 201教室

 

【研究報告】院生4名による報告

張 曉娜

「中国語における日源新詞について―語彙の収集を中心に―」

龔 卿民

「中国・湖北省における少数民族観光─恩施土家族苗族自治州の事例を中心に─」

邵 利軍

「中国のオートバイ産業―日本のオートバイ産業との比較を通じて―」

李 竺楠

「職場ドラマにおける謝罪言語行動の中日対照研究―『不快状況』を中心に―」

 

【コメンテーター】

林 亮輔(人文社会科学研究科准教授)

三木夏華(人文社会科学研究科准教授)

熊 華磊(人文社会科学研究科特任助教)

 

【お問い合わせ】地域政策科学専攻事務室(電話/FAX:099-285-3573)

lehdoc@leh.kagoshima-u.ac.jp

*詳しくは、プロジェクト研究報告会チラシ(4.32MB)をご覧ください。

2017/01/27